このウェブサイトは閉鎖されており、現在は活動していません。

伊東温泉かもしれない話

按針祭

伊東市の夏[最大のお祭り按針祭」

徳川家康の命を受けて日本で初めて洋式帆船を建造したウイリアム・アダムス(日本名:三浦按針)の事績と、本市における造船の歴史を讃えて、毎年市制施行記念日である8月10日に開催されているのが「按針祭」です。2014年に第68回を数える歴史あるお祭りも、第1回は「安針祭」と表記してスタートしたそうです。理由は諸説ありますが、温泉場である伊東には按摩師がたくさんいました。「按」や「針」が按摩師のお祭りと混同されないように「安針祭」としたそうですが、50回を機に正式な「按針祭」に改め、現在に至るそうです。お祭り一つにも伊東ならではの歴史が隠れ、時の重さや当時の人々の息吹を感じませんか?